■女性からの返信がないときは

出会い系サイトにいざ登録して女性にメッセージを送っても返信がないと嘆いている男性諸氏はたくさんいるのではないでしょうか。

出会いを主として出会い系サイトに登録したはずなのに、なぜこんなに男性の情熱と女性の熱意の間に差が開いてしまうのでしょうか。

実は女性は出会い系サイトの中では男性に返事をしたくてもできないという状況に置かれているのです。

その現実を知らずにメッセージを送り続けても、返信してもらえないので意味がありません。

当記事では女性が男性に返信できない理由を解説して、そのあとで返信してもらえるテクニックを解説していきたいと思います。

例えば、これは有名出会い系サイトに登録した女性の話ですが、顔写真を載せたとたんにあっという間にメールが来て50通以上も男性からメールが来たそうです。

さすがに多すぎるのでプロフィールの画像を外しても、アクティブ女性覧にログインした女性がのるのですが、そこから男性からメッセージが送られてくるそうです。

出会い系サイトでは完全に女性が売り手市場になっています。

もしあなたが女性だったとして、毎日50通以上も送られてくるメールに返信できるでしょうか。

一つのメールを数分で終わらせたとしても1時間以上かかる計算になります。なんの罰ゲームかと思ってしまうような作業を初対面の人に対してやるでしょうか。

自分が女性だったら自分の好きな人に自分の熱意を伝えるとおもいます。

以上のことから、女性がなぜ男性に返信できないかと言うことがおわかりいただけたかと思います。

男性から送られてくるメールの量が多すぎて返信する作業が追いついていないと言うことです。

まず女性の目にとまらなければどれだけ情熱を込めたメールを送ったとしても返信してもらえません。

■返信率の高いメールの書き方

出会い系サイトにおける女性の置かれた状況を考えれば、何通も雑なメールを送ろうとは思いませんよね。

では具体的にどういう内容を書けば女性からの返信率が上がるのでしょうか。

●まず挨拶をする

当たり前のことですが、ファーストメールでは、まず挨拶や自己紹介をしましょう。

ここでコツとして、自分の名前を相手に教えると好感度が上がります。

本名を伝えることで相手に安心感を持ってもらうことができます。

さらに、女性と仲を深めていくときに、お互いの名前を呼び合ったり、ため口でしゃべり合ったりすることによりよりいっそう仲良くなれると思います。

なので、先に自分の名前を伝えておくことにより、自分のことは○○ってよんでねっていうかんじで、話題にもできます。

●何が気になったのかを書く

初心者の人はよくファーストメールで、プロフィールがタイプでした!みたいな簡単なメールを送ってしまいがちですが、これはだめな例です。

プロフィールの具体的に何が気になって、自分の中の何に共鳴したのかをきちんと書いて相手に伝えれば、他の人にはない具体的なことを書いてもらっているので、相手の印象に残ることができます。

まずは相手のプロフィールや自己紹介覧をみて、何が気になったといえば、相手の心に響くのかを書くようにしましょう。

具体的に何が気になったのかを話題にするときは、趣味などの情報を拾うと、話題にしやすいのですが、相手の心に響くには、もっとクリエイティブな話題を拾うようにすれば、他のライバルを出し抜くことができます。

なのでここでは拾える限り自由な発想で相手のプロフィールをみて、いろいろな話題を考えましょう。

もしプロフィールなどから、相手の心に響くようなネタを拾うことができなかったら、画像などからもひらめきを得ることができます。

肌がきめ細かいだとか、ファッションセンスが洗練されているとか、そういった普段いえないようなことをいってあげれば喜んでもらえますし、相手の印象にも残りやすくなります。

もし自己紹介覧などから相手の心に響きそうなネタを拾えなかったら、画像を見たときにびびびっときた!なんていってあげるのもとても重要です。

●返信率を上げる方法

以外と皆さん適当に書いてしまっているのが、メールの最後の相手の返信につながる一行です。

よかったらメールしましょうとか、メール待ってますとか、一般常識的な言葉としては普通ですが、出会い系サイトの使い方としてはあまりよくありません。

なぜなら、こういった適当な言い回しで最後の一行を占めると、女性側の心に響かずに返信しようという気にならないからです。

相手の女性からしたらメールはつまらないし、その割になんか軽いテイストのメールだし、何でこんなやつに返信しなきゃならないんだって思ってしまいます。

また、人間というのは基本的に他人にはあまり関心がなく、自分の話を聞いてもらいたい!自分に興味を持ってもらいたい!と思っている生き物です。

つまり、丁寧なこりにこった文章を送ることにより、相手に、自分の熱意が伝わって返信してもらいやすくなると言うことです。

こういう風に相手の心に響くような心理テクニックを使うことにより、ファーストメールを返信してもらいやすくなります。

●ファーストメールは短めに

出会い系のコツなどの記事で、ファーストメールは文字数をなるべく多く書くということを書いている人がいます。

長文メールに返信してくれるということは出会いやすい女性と言うことですから、フィルターの役割にはなりますが、そもそもたくさんの女性に送らなければならないので効率が悪いテクニックだといえるでしょう。

長文メールに返信してくれる女性よりも、スルーされる女性の方が多いでしょう。

それにすべてのメールの文章を長文のメールにしていたら、どれだけ時間が合っても書き切れないでしょう。

そういうことも考えて、ファーストメールの文章は10行程度に抑えておくのが大切です。

■出会い系におけるメールのやりとりのコツ

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系でのメールのやりとりでは、以下のようなコツがあります。

どれも言われてみれば当たり前のことを書いていますが、その当たり前のことをごく自然に実践できる人が出会いの確立をあげることができます。

なので、当サイトの記事を参考にして、ライバルを出し抜くテクニックを身につけて、いろいろなコツを身につけてください。

●丁寧な言葉遣いをする

丁寧な文章と言っても、ものすごく丁寧すぎるのもお客様と店員みたいな関係になってしまうのであまり丁寧になりすぎないようにしましょう。

今のこの記事内容くらいの丁寧な口調でかまいません。

もちろん、ずっと最初っから最後まで丁寧な言葉を使う必要はありませんが、徐々に打ち解けるような言葉遣いになっていけば、とてもいい流れだといえるでしょう。

そもそも一般社会常識的な礼儀の言葉遣いもできないような人は、返信もしてもらいにくくなるので、言葉遣いというのはリアルな社会でもネット社会でもとても重要です。

ですので、少なくともお互いの距離感が固まるまでは、丁寧な言葉使いを忘れないようにすることにより、社会常識のある人だなと思ってもらい、好感を持ってもらいやすくなるでしょう。

●コピペはしない

ファーストメールでもそのあとのメールでもそうですが、コピペメールは送らないようにしましょう。

すべての人に当てはまるような文章をあらかじめ書いといて、いろいろな女性にコピペして送っても、中身がない文章になるので返信率が下がってしまいます。

ありきたりな内容で機械的な内容は何となく相手に伝わってしまうので、返信率が下がってしまうのです。

ほんの少しでもコピペメールだと思われたら、その女性から返信が来ることはないでしょう。

せっかくメールの文章を打ち込むのならきちんと相手の心に響いて返事がもらえるようなメールを送りましょう。

●相手の名前を書く

相手の名前を呼ぶことで相手はこちらに親しみを感じてくれるようになります。最初の数通は一回は必ず相手の名前を書くようにしましょう。

デメリットとして、相手の名前を書きすぎると不自然さがでて、狙っている感が出てしまうので注意が必要です。

●興味を聞き出す

出会い系サイトだけの話ではなく、日常生活全般にいえることですが、上手な質問をすることによって相手に気持ちよくいろんなことを話してもらえます。

そのためにも相手が興味を持っていそうな質問をたくさんしていくのですが、どういった質問に相手が反応するかというのが難しいのです。

次のような質問はあまりよくない質問例です。○○さんはイタリアンが好きですか?

男性側の思惑で言えば、パスタが好きです。とかえってきて、じゃあ今度パスタにいきましょうという流れを想像していると思います。

この会話の流れって機械的で感情がこもっていないのであまり面白くないですよね。

女性側からしたら、こういったトークパターンは何十回もされているので、何のおもしろみもないのです。

いい質問形式というのは、自分の体験談を織り交ぜながら質問をしていくと言うことです。

●文字数を一定にする

二通目以降のメールはメールの文字数や送信間隔は相手の様子を見ながら合わせていくと、共感をもってもらいやすく、好意を抱いてもらいやすいです。

例えばですが、相手が3行くらいのメールだったら、こちらも3行くらいのメールにすることにより、同調してもらいやすくなります。

他には相手のメールの返信ペースが速いならこちらも早めに返して、相手が遅いならこちらも少し時間をおいて返信することにより、相手に気を遣ってもらっているという印象を持ってもらって、好かれやすくなります。

ですがデメリットとして相手の感覚に合わせすぎると、違和感をもたれてしまうので、少しずらしたりすることもテクニックの一つです。

●楽しい雰囲気の時にやりとりを中断する

お互いのエネルギーがつきるまでメールをやりとりする人がいますが、これはあまりよろしいことではありません。

これはなぜかというと、楽しさのピークがすぎてしまったので、次のメールにつながりにくいからです。

最初はすごく楽しさ全開だったけど、段々話す内容もなくなってきて、あきちゃったと思われてしまうと次のメールがモチベーションが続かず尻すぼみになってしまいます。

このマンネリ化を避けるためには、お互いが楽しさのピークの時にあえてメールを中断するというテクニックがあります。

明日朝早く起きなきゃいけないとかもっともらしい理由を付けることにより、簡単に中断することができます。

●サイト内でのやりとりから直接やりとりに切り替える

出会い系サイト内でのメールは短時間で終わらせて、プライベートなメルアドでやりとりすることがテクニックです。

男性がメールの一通当たりに対してお金がかかっていることを知っているので、個人的なアドレスでやりとりしてくれやすいでしょう。

ですので、この人とだったら仲を深めたいと思ってくれたら、すぐにでもラインなどを交換してくれます。

何通もやりとりしているのに、直接やりとりに移行してくれないときは、あまり自分のことに心を許してくれてないということでしょう。

女性からしたらインターネットを介した顔の見えない相手とのやりとりは常に不安を感じているものです。

じわじわ仲良くなれたら仲良くなってもいいけど、すぐに会いたいと行ってくる男性はあまり信用していないというのが女性側の心理です。

なので、焦らずに少しずつ女性との距離感を縮めていくことが大切です。

上記のことを踏まえて女性とのやりとりをするだけでかなり女性にいい印象を抱いてもらえるでしょう。

さらに、そこから返信率がよかった女性に積極的に返信することにより、さらに返信率を上げることができると思います。

●主婦

女子大生と主婦はそれぞれ違った理由でメールの返信率が高い傾向にあります。

女子大生の場合はこれは単純に若いからと言う理由で好奇心の強さや、まだ人生経験があまりないのでいろいろ経験してみたいと思っているからです。

また、若い人は嫌な人間だと思われたくないと思っているので、30代の大人などと比べて返信率に如実な結果として表れるのです。

そして主婦ですが、主婦は需要と供給が一致しているという点があります。女性であれば誰でも異性からみられたいという欲求が強くあります。

ですが夫や家庭という存在によってちやほやされるという環境からは長年遠ざかっているため、ちょっと褒められるようなメールを送られるだけでとても嬉しく思ってくれるのです。

そもそも既婚者である主婦が出会い系サイトに登録している時点でそういう欲求があると言うことなので、主婦はとくに穴場だといえるでしょう。

●ログインが遅い時間帯の人

朝起きて夜に寝るという普通の生活の中で21時以降というのは非常にプライベートな時間帯だといえるでしょう。

好きな映画を見たり、録画しておいたバラエティ番組を見たり、ゲームをしたり、個人の自由な時間を楽しむ時間帯です。

そんな仕事がせっかく終わって一日の最も大切な時間だといえる余暇の時間帯に、出会い系サイトにログインしている女性というのはどういう存在でしょうか。

もちろんそれぞれに個人的な事情があるとおもいますが、一番共通しているのは、アダルトな出会いにせよ、まじめな出会いにせよ、異性との交流を求めている女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣に出会いを求めている女性にきちんとまじめなメールを送れば高い確率で返信が返ってくると思います。

また人間の動物としての本能として、夜に行う行為は本能的になりやすいという、心理学もあります。

太陽がでていて、光がさんさんと輝いているときは理性がブレーキをかけてしまい安いですが、夜であれば、人間の本能的な部分が出てきやすいという側面があります。

上記のようなことから夜遅い時間帯は男女のゴールデンタイムといっても過言ではありませ園。

●あなたとの共通点

似ている業種で働いている、出身地が同じか近い、同じ地域に住んでいたなど、とにかくあなたと女性との間に共通点があるときは返信率が高くなります。

そこに住んでいた人にしかわからないようなcmなどの話は特に盛り上がりやすいですので、そういった地域の話をして盛り上がりましょう。

そして、それは出会い系のやりとりでも重要なテクニックなので、あなたと女性との間に共通点を見つけたら、このテクニックを使うチャンスです。

●メールテクニック

出会い系サイトでのやりとりに限らず、自分の思い通りに相手の会話を誘導できたらとても使えるテクニックだと思いませんか。

ですが、それが簡単に使えて誰でも実践できるテクニックだとしたら、あなたもすぐに身につけたいと思うはずです。

相手の会話を誘導するテクニックのコツは、相手の会話のすべてに返しのパターンを準備しておくことです。

例えば、相手と何通かやりとりをして、仲が深まってきたときに相手の名前を聞いたときにすぐに教えてくれるときと、まだ仲が深まっていなくて教えてくれないときもあります。

このとき教えてくれなかったからといって、もたもたしてしまった返信をしてしまうと、相手に不信感を抱かれしまいかねません。

しかし、相手がどういう返信をしてきたとしても、思いつく限りのパターンをあらかじめ想定しておくことにより、余裕を持った返しをすることができます。

そうすることにより、相手がどんな返信をしてきたとしても、最終的に自分が導きたいところまで会話の内容をもってこられるはずです。

実はこのテクニックはビジネスなどでは頻繁に利用されているもので、営業マンなんかはマスターしています。

●相手と仲良くなりたいという気持ち

ここまでの内容はいかがでしたでしょうか。あなたが本当に望んでいるテクニックが手に入ったでしょうか。もし満足していただけたなら大変嬉しいです。

ただ、ここまでいろいろなテクニックを紹介してきてなんですが、純粋に相手を思う気持ちがあれば自然と伝わって返信してもらえるようになります。

なぜかというと、相手の性格も千差万別ですし、会話の内容も無限にあるので、このテクニックをつかえば落とせるみたいなのは存在しないからです。

自分の体験談で、科学的な検証をしていないのですが、自分の情熱があれば、相手もそれに答えてくれて返信してもらいやすくなります。

プライベートなアドレスに移行したら、注意したいことは、傲慢な文章を書かないことです。

直接のアドレスでやりとりをするようになったからといって、傲慢になって自信過剰なメールの文章をおくると嫌われてしまいがちですから、注意しましょう。

返信率が高くなる文章というのは存在しますが、理屈にばかりこだわらずに、人間的な部分を大切にしましょう。

出会い系でいろいろなテクニックよりも、本心からでてくる相手のことが好きという気持ちが何よりも大切です。

本心から出てくる相手のことを好きという気持ちだからこそ、相手に本当にあったときに楽しいひとときを過ごせると思います。